うつ病

自分でできるうつ病の克服

自分でできるうつ病の克服


うつ病の症状とは?

うつや精神病でお悩みのあなたは、きっと今こんなことを考えていらっしゃるのではないでしょうか・・・「うつや精神病を、なんとしても治したい」「はやく良くなって、病気の苦しみから解放されたい」「以前のような普通の生活を送れるようになりたい」「うつや精神病が再発しない体になりたい」。

そしてこうした願望を叶えたいと、誰よりも強い気持ちを持っておられることと思います。

それでも、何をしたらいいかわからない、どうしても病気が改善しない、なんで?どうして?・・・といった悩みも抱えておられることでしょう。

もしかしたら「もう治らないかも」と、悲観的になってしまうこともあるかもしれません。

以下に挙げているのは、うつや精神病に苦しんでいる方の多くから寄せられるお悩みの声です。

    • とても憂鬱で、何もする気になれない
    • 自分を責めてばかりいる
    • 何を見てもネガティブに考えてしまう
    • なかなか寝付けず、眠りが浅い。逆に、起きていることができない
    • 毎日の歯磨きやお風呂もおっくうになる
    • パニック障害や拒食症、過食症にも苦しんでいる
    • いつも頭がボーっとして、集中力や判断力が途切れがちになる
    • 薬が効かない
    • どんどん薬の量が増えてしまう
    • 心理療法もいろいろ試してみたけど効果がない
    • カウンセリングを受けたらかえって悪化してしまった
    • うつになった原因がわからないし、改善しない理由もわからない
    • 自分の病気のことしか考えられない
    • 家族も友人も、誰も自分の話を聞いてくれないし、理解もしてくれない
    • 世の中のことにまったく興味を持てない
    • だれとも会いたくないし、話したくない
    • 一生このままだったらどうしようと不安になる
    • 死にたいと思うことがある
    • 再発するのが怖い

 

うつ病は薬で治る?それとも、薬では治らない?副作用も怖い!

うつの薬を飲んでも、ほとんど改善しないという声をよく聞きます。

そのような方の多くは、効き目を求めて毎週のように薬の種類を増やしてしまい、それでも一向に改善が見られないという悪循環におちいってしまっています。

薬が効かないだけならまだしも、大量の薬によって思考力や判断力が減退してしまい。

日常生活に大きな悪影響が出ている方も少なくありません。

そのような方は、治ると期待して飲んだ薬や医者から勧められて飲んだ薬の効果がまったく出ず、ただ薬の量だけ増えていく状況に絶望すら感じています。

「もし一生、このままだったらどうしよう」「もう自分はずっと治らないんじゃないか」そんな不安の言葉を口にされる方がいるのも、無理はありません。

また、うつの薬には非常に強い作用を持った成分が含まれているため、服用による副作用も無視できません。

たとえば、よく知られている抗うつ薬にSSRIというものがあります。

そしてこのSSRIをはじめ多くの抗うつ薬がもたらす数多くの副作用は、多くの場所で社会的な問題となっています。

たとえば、食欲や性欲といった人間が本来持つ欲求が減少する、頭に霧がかかったようになって思考力が衰えるといった症状を、もしかしたらあなたも経験したことがあるかもしれません。

こうした深刻な副作用を伴うような薬を服用して、本当にうつが良くなるのでしょうか?もちろん、あなたやあなたと同じ苦しみを持つ方たちが、好きで薬を飲んでいるとは思っていません。

やむにやまれず、なんとしても病気を良くしたいという一心から薬を飲み続けておられるのでしょう。

それでもうつが改善されることはほとんどなく、かえって薬の種類と量だけがどんどん増え、副作用にも悩まされているというのは、本当にお辛いことだと思います。

こうした悪循環に陥ってしまっている方は、あなたを含め非常に大勢いらっしゃいます。

それはなぜでしょうか?なぜなら、本来うつを薬で根本治療することは不可能だからです。

薬の役割は、あくまで一時的な症状の改善に過ぎません。

例えば、抗うつ薬の一種であるパキシルなどは、脳内のドーパミンやエンドルフィン、ノルアドレナリン、セロトニンといった神経伝達物質の減少を食い止める薬です。

これらの脳内物質は脳から体へのさまざまな命令や信号を伝えていますが、こうした物質が減少することによって脳と体の連絡がうまくとれなくなり、その結果うつや精神病の症状を発症することがあります。

うつの典型的な症状である、憂うつな気分ややる気が持てないといった状態も、この脳内物質の不足が原因です。

これに対してパキシルなどの薬は、脳内物質がこれ以上減少するのを防ぐ・・・つまり、これ以上症状が悪化するのを防ぐ効果しか持ちません。

いうまでもなく、うつを根本的に治療するためには、それでは不十分です。

単に脳内物質を減らさないということではなく、脳内物質による脳と身体の連絡がスムーズになるような積極的な対処が必要です。

ですから抗うつ薬などによって一時的な改善が見られたとしても、いったん薬が切れてしまったり、体が耐性を持ってしまって薬の効果が弱くなったりしてしまうと、症状をぶり返してしまうことになります。

そして薬の量を増やし、さらに体が耐性を身につけ、さらに薬の量を・・・という悪循環から抜けられなくなるのです。

このような悪循環を断ち切るためには、一時的な効果しかない薬に頼らない治療が必要です。

うつ病薬の副作用に以下のようなものがあると言われています。

    • 食欲や性欲の減退
    • 頭痛
    • 喉の渇き
    • 便秘
    • めまい
    • 集中力の低下
    • 眠気
    • 倦怠感
    • 体重の増減
    • 性格の変化

これらの副作用が長期に渡れば、生活や人生にも大きく影響を与えかねません。

 

うつ病治療のゴール!

    • 二度と投薬や心理療法を必要としない健全な心と健康な体を手に入れる
    • 活力に満ちた生活と、未来に向けた明るい夢を手に入れる
    • 病気の再発という不安から開放される
    • 周囲からも「元気になってよかった!」と喜ばれ、さらに自信が深まる
    • 自然で健康的な睡眠週間を再び手に入れる
    • 大切な家族や友人、仕事の仲間との楽しい人間関係を再び手に入れる
    • 社会に出て以前のように働くことで経済面も楽になり、人生がより充実する

 

自分でうつ病を改善するための教材

当サイトでは、薬や医療を使わずにうつ病を克服するための3つの教材をご紹介します。

長期間、薬を飲み続けても改善しない方、薬を飲み続けることに抵抗がある方、医療ではない自力でできるウツ改善を希望している方に、おすすめいたします。

3つの教材のうち、2つには全額返金保証が付いています

つまり、試してみて、効果がなければ返金してもらえます。

これまでとは違う改善法を試すつもりで、お気軽に始めてみてはいかがでしょうか?

 

荒木式うつ病改善プログラム

荒木式うつ病改善プログラム
    • 薬や心理療法ではよくならない症状に対する画期的治療法
    • うつ病だけでなく、躁うつ病、パニック障害、自律神経失調症、恐怖症、拒食症、過食症、不安障害、統合失調症、睡眠障害、脅迫障害にも有効
    • 生活習慣病の専門医だった荒木裕(ひろし)医師が、糖尿病患者にうつ病が多いことから発見した治療法
    • うつ病の原因は食べ物、という観点からの治療法
    • 20年以上うつ病に苦しみ、何度も再発を繰り返していた方にも効果があります
    • DVDと冊子マニュアルによるセット、
    • 365日間の無料メールサポート
    • 180日間の全額返金保証
    • ダウンロード版と、郵送版(冊子とDVDをお届けを選択できる→送料2000円+)を選択できる
    • 14700円
    ■価格■形式■返金保証
    14700円 ダウンロード版
    又は郵送版から選択
    あり。180日間

    荒木式うつ病改善プログラムの内容

      • 自分を苦しめているうつ病のことを正確に理解するために、うつ状態とうつ病の違いを知りましょう
      • うつ病を構成する8種類の症状を、一つずつ具体的に確認していきましょう。
      • うつの発症率が高い傾向にあるのは、特に20世紀の後半に生まれた人たちです。
      • うつ病の原因として一般に挙げられるのは、社会環境の変化や家庭や職場、学校などでの人間関係・生活環境の変化です。しかし、実は近代以降の食習慣の変化が根本的な原因になっているのです。その理由をお話します。
      • 米国の調査では、炭水化物や糖質の消費量とうつ病発症率の関係が指摘されています。その調査内容について詳しく実証・説明します。
      • 糖質とうつ病の相関関係について、米国の調査機関が世界の6カ国で実施した調査の結果を解説します。
      • うつ病の発症と砂糖の消費量の関係について、サウスウエスタン大学のウエストオーバー医師が発表した興味深いデータを公開します。
      • うつ病と食習慣の関係を知ることで、うつ病の早期改善が可能になります。
      • うつ病は「心の病気」と言われますが、実際に人間を構成しているのは脳と身体です。うつ病の正体が「脳の病気」であることを簡単にお話します。
      • 脳と身体のバランスが崩れた状態こそ、うつ病の正体です。脳と身体のバランスが崩れてしまう原因を知ることで、再びバランスを取り戻すことができるようになります。
      • 薬が作用するメカニズムを通して、薬でうつ病の根本治療ができない理由を分かりやすく説明します。
      • 医学的な見地から脳の働きを知ることで、精神状態や感情を常に安定させ、活力に満ちた脳の状態を理解できます。
      • 脳内物質であるドーパミン、エンドルフィン、ノルアドレナリン、セロトニンが、脳内で私達の精神状態や感情にどのような影響を及ぼしているのか、視覚的に分かりやすく説明します。
      • うつ病の原因を理解するために絶対に知っておくべきなのが、脳内神経伝達物質の働く仕組みです。これを知れば、うつ病を根本から改善する方法もわかるようになります。
      • 私達が食べる物が、脳内神経伝達物質を作ります。十分な量の神経伝達物質を作るために必要なアミノ酸を摂取する方法について詳しくお伝えします。
      • 知らないと危険な糖分とうつ病の関係。糖分を摂取することで作られるセロトニンは非常に微量です。甘いものを食べた後に一時的に気分が良くなるものの、すぐにイライラしたり落ち込んだりするのはこのためです。この繰り返しがいかに危険か、ぜひとも理解してください。
      • 食べ物、特に甘いものを摂らなくても、セロトニンを作ることができます。この方法を知れば一日中、安心感を感じることができるでしょう。
      • 興味深い具体例を通して、現代の食習慣とうつ病、犯罪の関係を詳しく説明します。
      • 英国の小児科医マッカーネス博士が公表した興味深いレポート『悪童マイケル』を通して、糖分が精神に与える深刻な悪影響をわかりやすく解説します。
      • 糖分は脳に必須のエネルギー源と言われますが、これは大きな誤解です。その理由と、安全で効率的な、脳にとって理想的なエネルギー源について公開します。
      • なぜ、どのようにして糖分が身体に悪影響を及ぼすのでしょうか。ここでは余分な糖分がうつ病などを引き起こすメカニズムを、初心者にもわかりやすく説明します。
      • 糖分には強力な麻薬性があるといわれています。そのことを実証するために、マウスに砂糖水を飲ませる実験がおこなわれました。最終的にマウスがたどった運命をお話します。
      • 糖による中毒と脳内麻薬を研究しているマックロイ博士によって、いわゆる「意志」や「心」では制御できない脳の暴走状態が確認されました。あなたがそうならないために何をすべきなのか、その秘訣を公開します。
      • 糖分が脳に与える中毒状態は、イノシシやサルが集落を荒らす原因とも関係しています。この仕組を知ることで、あなた自身も糖による中毒の危険から開放されるでしょう。
      • 糖を摂らない「断糖食」は、うつ病に対して非常に有効な治療方法です。ここでは具体的な断糖食の方法をお話します。
      • うつ病を治療する際、どんな食べ物は避けたほうが良いのでしょうか。糖を筆頭に、食べるべきでない食品類について解説します。
      • 必須アミノ酸は脳内神経伝達物質を作るために欠かすことが出来ません。食べ物を通してしか摂取できない必須アミノ酸をしっかり理解すれば、うつ病の改善に大きく役立つでしょう。
      • 私達の体に欠かせない必須脂肪酸も、体内で作ることができません。ここでは必須脂肪酸の働きと、私たちに動物性の脂が必要な理由をお伝えします。
      • 私達に必要不可欠な栄養素を十分に摂取するためには、陸上の動物性タンパク質や脂肪を食べるだけでは不十分です。それらの必須栄養素を豊富に含む「ある食品」を紹介します。
      • 脳にとって絶対に必須な栄養素、EPAやDHAを効率的に摂取する方法を解説します。
      • 人間にとってもっとも自然な食べ物とは、いったいどのようなものでしょうか。ここでは遺伝子情報と人類の歴史をを元に、もっとも理想的な食べ物を考察します。
      • 本邦初公開!400万年前の原始人の特徴を通して、うつ病の根本的な改善法をお教えします。
      • うつ病治療のスペシャリスト、荒木ドクターの治療法を入院なしで実践する方法を大公開します。これは荒木ドクターのクリニックの治療法そのものです。
      • 荒木ドクターがうつ病患者さんの「昼夜逆転現象」の治療で使う、「ある意外な方法」についてお伝えします。
      • 周囲の理解が得られずに苦しんでいるうつ病患者さんをケアするため、荒木ドクターのクリニックで実践しているストレス解消法を解説します。

     

    2ヶ月間 うつ病改善プログラム

    2ヶ月間 うつ病改善プログラム
      • 自力で出来る 改善率95%の うつ病治療法
      • 延べ1万人に効果があった圧倒的実績
      • カウンセリング等の“心”から治療を行うのではなく、
      • 身体からアプローチしていく、うつ病治療
      • ほとんどの方が、30分後には 心も体も軽くなり、2か月以内に改善
      • 映像を見ながらマネするだけの 簡単な方法
      • 自身が7年以上うつ病で苦しんだ経験を持つ東洋医学の専門家である鍼灸師が開発したプログラム
      • パートナー等がいなくてもお一人でもできる内容
      • うつ病の原因は、首の筋肉の緊張やゆがみである、という観点からの治療法
      • 美骨枕、美骨マッサージ、美骨ストレッチからなる美骨療法によって首の骨格を正しく調整する
      • DVDとマニュアルを郵送でお届け
      • 美骨枕1個(8400円相当)が付属
      • 徹底サポートコースと自力で頑張るコースから選択できる
      • 徹底サポートコースには、60日間回数無制限のメールサポートと、著者の鍼灸院で無料で2回施術を受ける権利、が含まれます。
      • 徹底サポートコース24800円、自力で頑張るコース19800円
      ■価格■形式■返金保証
      徹底サポートコース24800円
      自力で頑張るコース19800円
      郵送版のみ(DVDとマニュアル) なし

      2ヶ月間 うつ病改善プログラムの内容

        手順1:美骨枕で正しい姿勢を作る

        肩や首のコリが原因で周囲の筋肉が緊張すると、脳に向かう血流が滞るようになります。

        この結果、脳内神経伝達物質の働きが鈍くなり、うつ病を発症したりうつ病の症状を悪化させたりすることになるのです。

        そもそもの原因であるコリをなくすため、美骨枕を使って首周りの骨の歪みを矯正し、正しい姿勢を保つようにしましょう。

        たった4,800円の美骨枕が、使えば使うほどあなたの首を美しい姿勢に保ってくれます。

        人間本来の治癒力を十分に活かすためにも、まずは美骨枕の利用をお勧めします。

         

        手順2:ストレッチと美骨マッサージによってコリを解消する

        中学1年生でもできるほど簡単なマッサージですが、効果は絶大です。

        首のコリを解消することでスムーズな血流を作り、自律神経を正しく整えましょう。

         

        手順3:再発防止の予防法

        改善効果を最大限に保つため、首のコリの7つの原因を理解して再発を予防しましょう。

       

      プチ認知療法

      プチ認知療法
        • うつ病に関する著書が多数ある心理カウンセラー、下園壮太(しもぞのそうた)氏によるプログラム
        • うつに関係する考え方や感じ方を徐々に変えていく下園先生独自の理論やトレーニン
        • DVDを見るだけで、難しいことを覚えなくていい
        • トレーニング法は誰でもどんな人でもできるもの
        • プロのカウンセラーの指導なので、無理なく取り組め、仮に、できなくても自信を失うことがない
        • 長い「休養」の期間の過ごし方のヒントが得られる
        • 「頑張らなければ…」と自分を追い込む癖を改善する
        • DVDと郵送でお届け(送料込み)
        • 365日間の全額返金保証
        • 9800円
        ■価格■形式■返金保証
        9800円 郵送版のみ(DVDとマニュアル) あり。365日間

        プチ認知療法の内容

          うつ病に対処するために役立つ知識

          あらゆる情報が溢れている時代ですから、うつ病に関する医学的な情報も簡単に手に入ります。

          ですがうつ病に苦しむ人にとって、医学的に正確な知識が必ずしも「役に立つ」とは限りません。

          正確な知識を知ってしまったために、余計に不安や焦りを感じて「間違った努力」をしてしまう人も少なくありません。

          「うつ病のときは医学書は読むべきでない」と語る下園先生による「独自のうつ病の理解方法」を知れば、患者さん自身がうつ病に正しく対処できるようになるでしょう。

           

          現代型のうつ病の特徴とは?

          現代型のうつ病の特徴について解説します。

          「うつ症状」が発症するきっかけやタイミングを理解できれば、自分自身の症状についても、その原因の見当をつけることができます。

          また、うつ症状の原因のひとつ、「疲れ」についても、以下の様なテーマで解説します。

          『自分の疲れを自覚する』『なぜ蓄積疲労は気づきにくいか』『感情によって疲労するメカニズムと対処方法』『うつ独特の「不安」と普通の「不安」の違い』『疲労の原因となる日常の何気ない積み重ね』『疲労を感じさせない体内システムの誤作動について』『疲労を無視させる競争意識』。

          こうしたさまざまなテーマをもとに、うつ症状についての理解を深めていきましょう。

           

          無理のない治療メニュー

          うつ症状で気分が落ち込んでいる人にとって、従来の認知療法で行われてきた「思考を変える」という訓練は難しいだけでなく、かえって逆効果になりかねません。

          下園先生オリジナルの「プチ認知療法」は、患者さんが感じがちな焦りや不安をを最小限に留めつつ、自信を保ったままゆっくり回復を図ることができるという、あらゆる患者さんにとって無理のない治療メニューです。

           

          簡単に実践できる回復メニュー

          ゆるやかなリズムを毎日の生活に取り入れることで、うつ症状を改善します。

          特に効果の大きい2つの方法をお教えします。

           

          不安な気持ちに対処する方法

          多くの方からリクエストいただいた、さまざまな不安への対処方法をお伝えします。

          これを知るだけでも、心が軽くなるでしょう

           

          正しい呼吸法

          非常に反響の大きかった呼吸法を公開します。

          ほとんどの方が知らなかったこの呼吸法を実践すれば、体調が改善するのを感じることができるでしょう。

           

          身体感覚のケア

          一般的なカウンセラーは精神面の治療に特化する傾向がありますが、そもそもうつ症状は心と体のアンバランスが原因です。

          正しい身体感覚を取り戻す訓練によって自分への自信が回復すれば、うつ症状を劇的に改善することができるでしょう。

           

          首と胸をリラックスさせる

          首と胸は、身体感覚の中でも特に重要な位置を占めています。

          体への負担がかからない、誰にでもできる訓練を通して、首と胸をリラックスさせましょう